食に繊細な日本人へようこそ

食に繊細な日本人

米ハフィントン・ポスト誌に「海外で食べられる最も美味しい食べ物」という記事がありました。
12品選出していましたが、なんとその1位には日本料理のうどんが選ばれていたんです。

世界にはその国ごと、土地に根付いた料理が存在しますがその中でもうどんが選ばれるというのはとても興味深いことだと思います。
ここ近年は和食というものが海外からも注目され、日本の食文化を味わおうとする外人が多いのだとか。

そこで外人がびっくりするのが、食べ物の種類の多さ。
食文化に恵まれた日本は、和食だけでなく世界各国の料理が味わえるとご満悦らしいです。
世界中の料理が食べたいのであればまずは日本に行けば早いとまで言われているそうです。

私達は当たり前に生活していますが、よく考えてみると確かにそうですよね。
和食、洋食はもちろんですが、イタリアンから中華まで。
今はタイ料理や韓国料理が人気で、インド、更にはパキスタンなどなど。
本当に世界各国の本格的な料理が身近に存在していることを再認識します。

もちろん日本人向けに味付けされたものはあります。
例えば宅配ピザや和風パスタなど。
これは既に根付いている料理ですが、日本人好みに味付けをし直したイタリアンになりますよね。

日本人は食に対してとても貪欲なのが伺えますし、味覚が繊細なのも要因なのかもしれません。


中華料理の真実