イタリアンの現状へようこそ

イタリアンの現状

80年代バブルの象徴とされていた「イタ飯ブーム」。
イタリアのご飯ということで略してイタ飯。
お姉ちゃんとイタ飯に行くことがお金持ちの象徴だった時代はもう終わり、家庭的なイタリアンを楽しめるレストランが増えてきたのが現状です。

もちろん高級イタリアンも存在しますが、宅配ピザや和風パスタなど。
日本独自の創作イタリアンでもはや庶民的な料理としてイタリアンが浸透したと言って良いと思います。

ちなみに、高級イタリアンは「リストランテ」と言います。
リストランテはマナーなど気を使いながら優雅に食べる感じ。
正装をして、二人で食べに行くイメージがありますが、記念日などはもってこいの場所だと思いますよ。

そして今人気なのが「トラットリア」という家庭的なイタリア料理を出してくれるレストラン。
パーティーや大人数でもわいわいとお酒を楽しみながらくつろげる空間という印象でしょうか。
実はイタリアンはパーティー向きの料理と言えます。

前菜からパスタやピザ、そして肉か魚料理が出てから野菜。
その後はデザートとコースで頼めばお腹一杯に楽しめるはずです。

イタリア料理を優雅に楽しむか、カジュアルに楽しむかはお店選びの肝になってきます。
用途に合わせて使いこなせると、かなりおしゃれで楽しむことができると思いますよ。


タイ料理の特徴中華料理の真実