日本人向け中華料理へようこそ

日本人向け中華料理

日本ではとてもメジャーな料理である中華料理。
横浜には中華街という飲食街があるほど浸透している料理ですよね。

ただ、日本の中華料理は日本人向けに味付けがされています。
意外と勘違いされているのが、ラーメン、焼き餃子、冷やし中華。
これらの料理は日本で生まれた日本の料理だというのは知っていました??

ちょっと複雑ですが、日本生まれの中華料理ということになります。
実際に中国人の方が日本で食べる中華料理というのはあまりお口に合わないのだとか…。

そう考えると、日本人が思っている中華料理というのはほぼ日本の料理だと言っても過言ではないかもしれませんね。

料理の鉄人で有名な陳建一さんのお父さんは特に日本人向けの料理を開発してきました。例えばエビチリ。
これは中華料理のコースでもはや定番メニューと言っても過言ではありませんよね。
でもエビチリはなんと日本人向けに開発されたメニューだったんです。

そして意外なことにもホイコーロー。
定食メニューとしては定番であり、特に男性に関しては大好物という人もいるのではないでしょうか。
そんな私の「餃子の●将」に行けば必ずと言って良いほどホイコーロー定食を注文する鉄板メニューです。
このホイコーローも陳建一さんのお父さんが日本人向けに開発された中華料理だったんですね。

実はその他にもたくさんある日本生まれの中華料理。
私達は認識していた中華料理というのは、言ってしまえば日本料理だったのかもしれません。


イタリアンの楽しみ方レストラン王国ニッポン